【野球】落合博満、原巨人をメッタ斬り「巨人はタツ(原監督)がベンチで寝ていれば勝つ」|巨人ニュース速報 忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【野球】落合博満、原巨人をメッタ斬り「巨人はタツ(原監督)がベンチで寝ていれば勝つ」

1 :れいおφ ★:2012/04/22(日) 13:19:40.50 ID:???0
皮肉交じりの「落合節」が炸裂した。
19日の中日―巨人戦。落合博満前監督(58)が監督退任後、初めてナゴヤドームでテレビ解説をした。
4―1で中日が巨人を下したこの試合。巨人の原監督の采配について次から次へとツッコミを入れた。

「今日のゲームはこれが全てだったと思います」落合前監督がこう振り返ったのは、巨人の1―4で
迎えた六回の場面だ。先頭の長野が安打で出塁。阿部が倒れて1死一塁となり、打席には村田。
その3球目に巨人ベンチは長野に盗塁を指示したが、これが失敗に終わり、反撃ムードが一気にしぼんだ。

「私には考えられません。(もし長野を)動かすなら阿部のところ。走らすことは悪くない。
成功した失敗したじゃなく、展開を考えたらね。あれ以降、巨人の打者は誰も塁に出ていない。
これで終わったという感じを(巨人の選手が)持ったんじゃないか。ちょっと残念です。
(中日監督時代)巨人とやってて、どっしりと(構えて)攻撃されるのが嫌だった。
あの強力打線ですから、ホームランを打たれるのが一番嫌だった。送ったり、走ったり動いてくれると楽だった。
(長野の盗塁は)その最たるものです」

落合前監督は試合中に再三、中日先発の吉見について、「状態は良くない」と指摘していた。
吉見自身もお立ち台で「きょうは苦しかった」と振り返った。その吉見を打ち崩せなかったのは、
巨人のベンチワークのミスと言うのだ。

昨季から不振が続いている小笠原についても、「左ひざが折れるのが早いから、前に体重が乗ってこない。
バットが前に出てこない。そこが直れば普通に打てる。本人は気づいてないと思う。あとは練習で手助けして
やらないと」と指摘。首脳陣の指導力が足りないと言わんばかりだった。

(続きは>>2以降)

http://news.livedoor.com/article/detail/6490951/

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

PR